防犯対策は玄関だけでない【防犯意識を高めて鍵屋に相談を】

チェーンロックだけでは不十分?在宅時の身を守る方法

自宅のドアを、鍵をかけずチェーンロックだけをした状態でいる人がいます。実はこのチェーンロック、バールやサンダーなどを使用しなくても外から簡単に外すことができます。つまり、自宅にいながら侵入者を招いてしまうケースもあるということです。このように、在宅時における防犯意識を軽くしていると、思わぬ被害を招いてしまう恐れがあるのです。

心あたりがある人は要注意!女性は特に気を付けたい普段のクセ

「かけておけば安全」じゃない!チェーンロックの脆弱性
チェーンロックはあくまで鍵の補助という役目なので、侵入者を防ぐ術という見方で捉えないほうがよいでしょう。自分の身を守るためにも、どちらもしっかりとかけておくようにしましょう。それでも不安な場合は、管理会社に相談して鍵の付け替えや追加鍵修理などを鍵屋に依頼することをおすすめします。
鍵が回らない?もしかしたらシリンダー内部に異常があるかも
自宅に帰り鍵を開けようとした時、鍵が入らなかったり回らなかったりなどといったトラブルが起きることがあります。そのようなときは鍵屋に相談しましょう。鍵穴の奥にゴミが詰まっていたり、「メルティング」と呼ばれる状態になっていたりする可能性があるからです。このメルティングというのは、部屋に侵入するために特殊な溶液を入れ開錠する手口のことを言います。つまり誰かが部屋に侵入しようとした可能性がある、ということです。鍵紛失だけでなく、鍵穴のトラブルが起きたときも鍵屋に連絡を取りその旨を相談しましょう。
鍵付け替えだけでは安心できないことも!防犯を見直そう
空き巣が部屋に侵入する場所は、必ずしも鍵の付いている玄関からとは限りません。侵入者の手口を知り、自分の家の侵入される可能性がある場所を確認し、住んでいる家の防犯を見直さないといけません。玄関からの侵入を防ぐためには、侵入しやすいタイプの鍵やドアでないかを確認し、もしそこで不安があれば鍵屋に相談しましょう。また、ベランダの窓から侵入されるケースも多いので、防犯フィルムの貼り付けや補助錠を取り付けてもらうなどの対策をするのもおすすめです。
TOPボタン